この記事をご覧の皆様、こんにちは!株式会社プレミアバンクメディア事業部の塚越です。

連日のぐずついたお天気も、ようやくお日様が顔を出しはじめ暑くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?

さて、先日のお盆明けに真山社長とコシヒカリ潤の畦の雑草刈りに行ってまりました!

コシヒカリ潤

武石村では、すでにトンボが飛び回りコスモスも咲き始め、秋の訪れを少しづつ感じられるようになっていました。

青々としていたコシヒカリ潤も色づき始めようとしており、収穫まであと少しのところまでやってきました。

コシヒカリ潤_稲穂

さて今回は、真夏の田んぼの天敵ともいえる雑草刈りをおこなってきました。

田んぼの中や畦に力強く生い茂る雑草たちは、ほっておくと1m以上も伸び、田んぼの養分を吸い尽くしてしまうほどの生命力の持ち主です。

作業に入る前に、刈払機の刃を交換し、完全武装していざ出陣です(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

稲たちを傷つけないように注意しながら、美味しいお米に育てるために畦にそびえ立つ雑草たちをバッサバッサとなぎ倒していきます。

稲も雑草も同じ生命ではありますが、雑草が伸びると田んぼの養分を吸ったり、日照を妨げたり、収穫時に雑草の種が混ざってしまうなど、様々な弊害が出てきてしまいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、この日は天気予報では午後にかけて雨でしたが、予報はハズレてカンカン照りで暑さとの闘いでもありました。

ブルブル震える刈払機を左右に振りながら格闘すること5時間、腰をさすりながらようやくこの日の分の作業を終えることができました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夏の暑さと刈払機の重さで地味に体力を削られる雑草刈り、これを炎天下のなか毎日のようにあちこちの田んぼで行っていることを想うと、農家の皆様がいかに苦労してお米を作っているかが骨身にします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今年も早いもので、あと2ヶ月も経たないうちにコシヒカリ潤は収穫を迎えます。

今年は特に夏場の気温が上がらず収穫高の減少も心配されておりますので、最後まで気を抜かずに皆様の食卓に新米が届けられるよう、もうひと踏ん張り頑張ります!

株式会社プレミバンク メディア事業部 塚越